金沢こどもの本研究会

アクセスカウンタ

zoom RSS 第434回金沢子供の本研究会報告

<<   作成日時 : 2017/12/13 11:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第434回金沢子供の本研究会は11月26日長町研修館で開催されました。
テーマは「難民、移民問題を取り上げた本を読みあいましょう」でした。
当日取り上げられた本は
 『カンボジアの大地に生きて』
 『3つ数えて走りだせ』
 『ぼくの犬』
 『ふるさとをさがして』
 『サンタになった魔法使い〜ドクタ・カナイと仲間たち』
 『平和の種をまく』
 『わたしたちが自由になる前に』
 『はじまりのとき』
 『草花とよばれた少女』
 『ダイヤモンドより平和がほしい』
 『ラミッツの旅』
 『君の話をきかせてアーメル』
 『わたしも水着をきてみたい』
 『マッチ箱日記』

 『ふるさとをさがして』
  難民キャンプで暮らす少女スニータの物語。
  150年前にネパールからブータンへ移住した人々のことが書かれています。
  幸せの国、微笑みの国にもこんな歴史があったと知り、驚きました。
 『サンタになった魔法使い〜ドクタ・カナイと仲間たち』
  富士メガネの会長、金井昭雄さんがモデルの絵本。
  難民キャンプへ新しいメガネの📦。その数、なんと!約13万個(2011年の時点)
  支援の仕方にもいろいろあることを知り目からうろこでした。
  ぜひ子どもたちに紹介したい絵本だと思います。
 『3つ数えて走りだせ』
  ウクライナからの移民の話。
  声高に移民問題を取り上げるのではなく、さりげなく移民問題がえがかれている。最近のヨーロッパの本には  その傾向を感じる。
 
この例会では難民と移民を一つにくくっての話し合いとなりましたが、移民は自分の意志を持って移住することで、難民は追われて仕方なく移動させられることと認識しています。
先日別の会のブラジル移民の朗読会に参加してきました。移民で成功した人、しなかった人。世代のギャップ。母国への愛。いろいろと複雑な思いを感じさせられました。

 
 

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第434回金沢子供の本研究会報告 金沢こどもの本研究会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる